@ 手水舎について

通常、神社の参道を進んで行きますと、境内の入り口付近に手水舎(てみずや)が有ります。
この手水舎は穢れを落とす場所で清らかな身体で神様の前に向かう為のお清めの場所です。
以下の御作法のより身体をお清めください。

手水舎1
手水舎にて意義を正します。


(意義を正すとは、気持ちを落ち着けて姿勢を正しく保ちます)
手水舎2
手水舎に置いてあります柄杓を右手に持ちまして水をとります。
手水舎3
左手にその水を注いで洗いましょう。
手水舎4
続いて柄杓を左手に持ちまして水をとり、右手にその水を注いで洗いましょう。
手水舎5
左手の柄杓を右手に持ち替え、左手のひらに一口分の水を受け、口をすすぎましょう。


(直接柄杓に口はつけてはなりません)
手水舎6
口をすすいだ後、柄杓を右手に持ちまして水をとり、左手にその水を注いで洗いましょう。
手水舎7
柄杓を立てて洗い流しましょう。
手水舎8
柄杓を元の位置に戻します。
次へ