◆  新 着 情 報  ◆

◆夏越大祓式(なごしのおおはらえしき) (平成15年6月30日)

6月30日午後3時、当分祠において、夏越大祓式が斎行されました。 私達は日常生活の中で、知らず知らず身も心も過ちを犯し、罪穢(つみけがれ)に染まってしまいますが、それを祓い清めて清浄な姿に生まれ変わり、明るく健康な生活を送りたいと願うのは当然なことでしょう。
私たちの先祖はそういった自然な思いから、毎年6月と12月に、半年間の罪穢を人形(ひとがた)に移して川に流し、水の霊力によって罪穢を祓い除く、神代からの神事を伝えてきました。 これが大祓であり、6月の大祓は特に水無月の大祓とも、夏越大祓ともいわれ、 「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶとこそきけ」 と詠われてまいりました。これからの暑い夏を迎えるにあたり、心身の罪穢を祓い清めて、悪疫退散・除災招福・延命長寿を願ったものでしょう。
大祓式当日は、全員で大祓祝詞を唱和し、各自切麻を以て御祓いし、またご郵送頂いた「人形」も併せてお清め致しました。 今回は若い方々の参列も多く、活気のある祭事となりました。
大祓はどなたでも参加いただけます。ご希望の方には、案内書と人形をお送りいたしますので、当分祠までご一報下さい。ご郵送した人形にはご家族の名前と年齢を書込み、身体を撫で、息を吹きかけ自分の罪穢を移し、大祓当日までにお送り頂ければ、大祓式にてお祓い申し上げております。