◆  新 着 情 報  ◆

夏越の大祓
6月30日 午後3時


 6月30日午後3時に大祓を執り行います。ご参拝の予約などは必要ありません。どなた様でもお参りできますので、ご家族・友人などお誘い合わせの上、ご一緒にご参拝くださいませ。

 また、大祓には「人形(ひとがた)」(自分自身の代りになる形代(かたしろ)のこと。)に、名前と年齢をご記入の上、身体を撫でて息を吹きかけます。そうすることにより、自分の罪・穢れを人形に移し、それを海や川などに流して、ご自身の代わりに清めてもらいます。ご都合により当日ご参拝できない方には、人形と案内書をお送りいたしますので、ご連絡下さいませ。

 これから迎える盛夏の季節は、生きとし生けるものが伸びやかに生成発展をなす季節でもあります。そうした成長をとげる節目の前に、何気ない日々の生活の中で思わず知らず犯してしまった心身の罪や穢れなどを「夏越の大祓」によって心身を祓い清め、生命の蘇りをなし、明るく健康に夏を越してゆくための大切な神事です。
 大祓の「大」は「公」の意味を含んでおりで、個人的なお祓いではなく、日本全土のお祓いを意味しています。その起源を『古事記』に求めると仲哀天皇が崩御されたとき、「生剥、逆剥、阿離、溝埋、屎戸、上通下通婚、馬婚、牛婚、鶏婚、犬婚の罪の類を種々求ぎて国の大祓≠して」との記事がありあります。また、延喜5年(905年)に編纂された『延喜式』にも、6月と12月の大祓が定められおり、この頃には組織化されていたことから、かなり古くから行われていたことと考えられます。